いや、まさか、そんなはずは。

Formulaだったりその他だったりする人のネット上のメモ帳。
いや、まさか、そんなはずは。 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  話をしよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

話をしよう

やっぱやめた めんどい 様  「価値」


どうもこんばんは。
世界樹Ⅲの記事を書いてからまだ寝れないFormulaです。
え、もう「おはよう」の時間?
馬鹿な。

トラックバックのテスト的なことを。これで大丈夫かな。
問題あったら消します。


――

討論って、喧嘩とは別だと思いますよ。
だって相手の事が嫌いで言っているわけじゃないんだし。

あくまでも自分と相手の、意見と意見がぶつかるから討論になるのであって。
意見をぶつけ合うという行為は、相手のことを知る為にも重要な事だと思うのですよ。

人それぞれに譲れない信念だとか、信条だとかがあって、それを持つ人同士が衝突して、議論が起こる。
お互いに本気だから、一見、喧嘩をしているように見えてしまうけど、
議論が終わってクールダウンした後、「あいつはこう考えていたな」と相手のことを理解できるようになるんじゃないかなぁ。
だって、「信念」をぶつけ合ったんだから。相手の考えがちょっとぐらいは分かるはずなんです。

それに、話し合いの中で自分の意見の間違いに気付くこともかなりあるしね。
間違いをずっとそのままにしているよりは、反論してもらって気付けるのはありがたいことだと思う。
僕なんか、何度気付かされたことか。数え切れない。
時には自分でも信じられないことを口走ったり

お互い、相手がどんなことを考えてるか知ろうとしながら話し合いたいものです。
キーボードを通した文章しか見ることのできないネットの中ですからね。


でもやっぱり、議論中は空気が悪くなってしまうのは申し訳ない限り。
関係ない人には迷惑かけちゃうし。
議論中はあまりヒートアップしないことと、念入りにクールダウンすることを意識しないといけないかな。
特に暴言・中傷・人格批判、ダメ、ゼッタイ。

……しかし、心理状況にもよるんだよなぁ、言葉の棘の鋭さ具合とか、
相手の言葉をマイナスに受け取る割合とか。こればかりはどうしていいやら




っちゅーわけで、あまり気難しくなく、ゆるやかに討論をしていきたいです。





あ、空が明るい……

スポンサーサイト
[ 2011/03/02 06:28 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/03 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。