いや、まさか、そんなはずは。

Formulaだったりその他だったりする人のネット上のメモ帳。
いや、まさか、そんなはずは。 TOP  >  スポンサー広告 >  ラジオ放送告知 >  うみねこのなく頃にEp2 感想・推理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃にEp2 感想・推理

しばらく前に終わってたんだけど時間なくて書けなかった。

あまりダラダラやるのもよくないので、短くいきます。

 

 

Ep1からガラリと演出を変えてきたEp2。

なんというか、グロさがアップしてる。

あと、心臓に悪い演出が多い。

自分、急にドーンとくる恐怖演出は大の苦手。

それでも頑張ってやり遂げた。うわーもう夜中にトイレ行けねー。

 

Ep2のネタバレ全開でいきます。

未プレイの方で、プレイするつもりのある方はこの先を開かないでください。



前回、18人全員が犯人だと仮定とか言いましたが、

やめます(

 

気になった点のピックアップと、説の提示だけ行っていきたいと思います。

 

・ゲーム

戦人とベアトリーチェのゲーム。

推理合戦をチェスに見立てている。

これってどういうことなんだろうなぁ。面白い発想だとは思うけど。

とりあえず出てきた『赤宣言』は信じる方向で。

 

・19人目の賓客、ベアトリーチェ?

19人目として現れたベアトリーチェ。

Ep1ではいるかどうかが問題だったのに。流石難易度「極上」。

まぁ、19人目はいてもいいだろう。問題は彼女の使う魔法が本物かどうか、だ。

 

・金蔵「前回のような無様は晒さぬぞ。」

このセリフはどういう意味だろう。

金蔵はEp1の記憶があるのか?

 

・10月5日 6:00 第一の晩

楼座、それジャムやない! 血や! ハラワタや!

右代宮 蔵臼 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

右代宮 夏妃 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

右代宮 絵羽 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

右代宮 秀吉 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

右代宮 留弗夫 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

右代宮 霧江 礼拝堂で死体を発見。腹を縦に裂かれ「お菓子が詰められて」いた。ハッピーハロウィン。

 

演出がグロすぎるわ!

殺され方は遊び心満載だけど、顔はしっかり残っている。

密室以外のトリックは使われてないだろう。

……腹に詰め込まれたお菓子の中に、重要なものが混ざってたりはしない……よね?

 

・10月5日 7:15

・嘉音VS山羊の従者

ファンタジー描写登場。嘉音の持つ家具の能力、ねぇ。

後から出てくるファンタジー描写全てに言える事だけど、「脚色」ではないかと。

殺人の瞬間を、魔女が演出したらこうなる、っていう仮説。

その仮説をひっくり返すことができれば、真実が姿をあらわすのでは?

 

・ベアトは戦人に直接魔法を見せない

屈服させたことにならないから、らしいけど。

でも、バリバリとファンタジー描写させた直後に言われてもなぁ。

戦人は嘉音VS山羊の従者のシーンを見てないということだろうか?

やっぱり、ファンタジー部分は「脚色」と考えて良さそうだ。

 

・10月5日 7:30 第二の晩

右代宮 朱志香 朱志香の部屋で死体を発見。背中に『アスモデウスの杭が突き立てられて』いた。

嘉音 『死体は見つからなかった』。だが、魔女の赤宣言にて死亡確定。

・嘉音の失踪

サタンの杭を打ち込まれたはずの嘉音。

『嘉音はこの部屋で殺された』

『この部屋に隠し扉はない。窓と扉以外に出入りする方法はない』

これらの赤字から推理すると、死体は部屋の中か窓の外ということに。

窓の外なら楽じゃないか? 誰も確認してないっぽいし。

 

・10月5日 13:17

熊沢 チヨ 使用人室で死亡。『喉を切り裂かれ』た。

南條 輝正 使用人室で死亡。『喉を切り裂かれ』た。

 

偽嘉音により殺害された二人。

偽嘉音は、朱志香を殺したのは楼座だと言う。

それにしても源次と郷田かっけぇな。

 

・10月5日 18:00

・ベアト赤宣言『妾は約束は守る

これは貴重な赤宣言では?

今後、何かしらの約束が登場したら気をつけよう。

 

・ベアトの正体

口調が安定しないベアト。

戦人の口癖も使うようになった。

やっぱり、ベアトはただのイメージ体なんだろうか。

紗音の語る愛にキレるベアト。

よほど歪んだ愛を経験したのだと推測できる。

 

・10月5日 21:00 第四・五・六・七・八の晩

南條 輝正 中庭で死体を発見。喉を切り裂かれ、膝に『ベルフェゴールの杭が突き立てられて』いた。

熊沢 チヨ 中庭で死体を発見。喉を切り裂かれ、足首に『レヴィアタンの杭が突き立てられて』いた。

この2人はEp1と同じく第七、第八の晩。なぜ?

 

郷田 俊郎 夏妃の寝室で死体を発見。胸に『ベルゼブブの杭が突き立てられて』いた。

右代宮 譲治 夏妃の寝室で死体を発見。腹に『ルシファーの杭が突き立てられて』いた。

紗音 夏妃の寝室で死体を発見。額に『マモンの杭が突き立てられて』いた。

 

碑文の通りだと、殺害された順番は紗音→郷田→譲治。

でもファンタジー描写では郷田→譲治、紗音。碑文が嘘なのか、シーンが嘘なのか。

 

・10月5日 23:30


ベアトリーチェ出現。戦人敗北。

リザルトで気になったこと。

生き残ったのは5人。Ep1では4人だった。つまり、Ep1での夏妃の死は完全に計算外。

金蔵、源次、真里亞、ついでに戦人は魔女を認めた。今回認めなかったのは楼座。

源次が黄金郷で望んだのは安らかな眠り。やはり源次が一番よくわからない。

 

・10月5日 23:59

まだ終わりじゃないのか。

そういや、楼座に渡されたベアトの手紙は、結局開封されないまま?

何だったんだろう。

 

・10月6日 0:00

魔女の宴。グロいよぉ。

右代宮 金蔵 魔女に屈服し、行方不明。「悪魔に食われた」らしい。

右代宮 楼座 魔女の存在を認めず、行方不明。「悪魔に食われた」らしい。

右代宮 真里亞 魔女に屈服し、行方不明。「悪魔に食われた」らしい。

呂ノ上 源次 魔女に屈服し、行方不明。「悪魔に食われた」らしい。

戦人の存在が消えてる。

 

全員バラバラのグチャグチャ。

やっぱり爆死っていう線も捨てられないな。

0:00になった瞬間に生存者も全滅、っていうのが怪しい。

何故なら第一~八の晩までのタイミングはバラバラなのに、第十の晩だけ揃うってのは変だろう。

まず、「晩」の定義を解き明かすべきか。

 

・お茶会&????

ベアトは常に最善手を指してるわけではない、らしい。

つまり、「論理的に考えたら不自然な場面」が存在する、ってことかな。

 

右代宮 戦人 行方不明。『再び戦う決意』をする。

結局、戦人の最期がはっきりしないな。

次のゲームへのつなぎとしてはいいんだけど、死亡描写がないのは逆に不審。

 

 

 

あー、Ep2は地獄だった。

でもまだ抗う余地はあるね。

ファンタジー描写は脚色だと考えれば。

 

今はEp3の途中だけど、どうなるかな?

続きプレイしてきます。

スポンサーサイト
[ 2010/05/12 18:16 ] ラジオ放送告知 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。