いや、まさか、そんなはずは。

Formulaだったりその他だったりする人のネット上のメモ帳。
いや、まさか、そんなはずは。 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム感想 >  逆転検事感想3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逆転検事感想3

最近らじろぐが重くて全然感想書けなかった。

もう終盤に突入してるってのに。

 

例によって微ネタバレ注意。

軽くあらすじ入れてます。

 



第3話「さらわれる逆転」まで。

 

・あらすじ

御剣の海外留学時の恩人、天野河丈一郎の息子が誘拐された。

誘拐犯への身代金受け渡し役を引き受ける御剣だが、誘拐犯の罠に嵌り逆に監禁されてしまう。

手も足も出ない御剣の元に現れたのは、「ヤタガラス」を名乗る一人の少女。

御剣の運命は? 逃走した誘拐犯の行方は? 果たしてこの事件の真相は?

 

まず最初、オープニングがなくてビックリ。

身代金受け渡し場所に指定されたのはバンドーランド。

でかくなりすぎだろ、板東グループ。

 

しばらくしてオープニングが始まった。タイホくんこわい。

とことん事件に巻き込まれる御剣。こういうゲームか。ようやく理解。

ミクモちゃん登場。テーマ曲がいいなぁ。ヤタガラスはやっぱりこの子か?

 

ワルそうなタイホくん発見。ワルホくんって、おい。

ミクモちゃん、柱に登る。……思うんだが、御剣の位置からスカートの中見えてるよねぇ。

紳士と見せかけてそうでもなかった御剣。ガッカリだ。

 

ハシゴを使わず昇り降りするミクモちゃん。いや、キャタツだっけ?

御剣はハシゴ派と判明。そもそも別物だけどね。

 

狼 士龍 登場。西鳳民国出身の国際捜査官。荒々しいようでいて礼儀正しい、いい奴じゃないか。

西鳳民国って中国がモデルかな? 漢文使いこなしてるってことは、そうみたい。

 

タイホくんの着ぐるみの中にいた人物。……お前か、ハラバイ!

なんか濃い人も来た。ドキーン☆ とか言ってる。

しかし新キャラは名前のインパクトがいまひとつだなぁ。タクシューのセンスが懐かしい。

 

VS狼。すがすがしいほどの唯我独尊。こういうキャラは嫌いじゃない。

しかし、人を疑う理由がとんでもねぇなこの人。いろんな意味で危険だ。

容疑者はハラバイ。よく飽きないな、彼も。(他人事

 

イトノコのテーマがかっこよくアレンジされとる。あれ、でもアレンジ前とアレンジ後が一緒に収録されてるのはなんで?

 

既存キャラが次々に出演。

あ、あ、あ、茜ちゃんだ! 帽子がかわいいな。胸元のリボンが無くなってるのは残念だけど。

着ぐるみの中からオバチャンも出てきた。みんな、逃げろー!

バンドーランドでは、マックス・ギャラクティカと或真敷一座のマジック対決をやったらしい。

ナルホドくんとマヨイちゃんとはみちゃんがボートに乗って遊んでる。本編主人公なのに一番地味な登場という。

うらみちゃんも名前だけ登場。字体が怖い。

着ぐるみの中にいるのは板東ホテルのあのボーイか! 途中まで全然気付かなかった。

 

イトノコから重要な証拠を入手。御剣の近くにいないほうがいい仕事できるんじゃないか?

 

後編難しいな。ゲージ残量1での死闘。

あ、ゲームオーバーorz

 

3話終了。茜ちゃんの出番少なかったな。

KG-8号事件の影が顔を出す。

次は4話、過去編か。

 

 

今のところ、好きなエピソード順に並べると 2話>1話>3話かな。

やっぱりスピード感は大事だと思う。

3話は難しかったけど、爽快感が割と少なかった気がする。

それと、本家逆転裁判に比べて犯人の個性が弱いっていうのもあるね。

トリックや推理対決は面白いので、そっちをやりたい人は十分なボリュームだと思う。

まぁ、興味をもった人は買ってみてはどうだろう。

この先のエピソード、何言ってもネタバレになるから詳しく語れそうにないし。

スポンサーサイト
[ 2010/01/22 20:55 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(2)
俺もオバチャンには驚いた
アレはひどい
[ 2010/01/22 21:12 ] [ 編集 ]
買いたいけど、金がないんだなぁ。
まいったね。
[ 2010/01/23 10:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。